グルメ・クッキング

2016年9月28日 (水)

その名は「シベリア」

1475057594695_2

近所のスーパーのパンコーナーで見つけたお菓子。

Photo

名前は「シベリア」、なんと、青森県で作られている!

ケンミンショーに出たのかも。

1475057569738

昔、カステラ生地に羊羹を挟んだ菓子があったような。。。

懐かしさから、買って帰ったら、

家人も似たものに見覚えがあるという。

やはり、昔あったんだ。。。

懐かしい食べ物かと聞かれると???だ。

子どもの頃は羊羹が嫌いだったので、

カステラに羊羹を挟んだ菓子が好きだったとは思えず

食べた記憶も美味しかった思い出も無いのに

懐かしいって。。。どうなの?

青森県では、今もメジャーな菓子なのかもしれない。

 先月末に行った静岡県大井川鉄道千頭駅前で

 「チクワパン」を売っていた。

 ご当地パンなのか、その店には、

 チクワパンばかりがいっぱい並んでいた。

 初めてみるパンで、竹輪とツナが中に入っていた。

「シベリア」を家人は、いたく気に入って食べている。

それで、今日2袋も買ってきた。

もともと、小豆や羊羹が好きなのだ。

それにしても、強烈で不思議な名前。

青森のシベリアは美味しかったよ。

1475057585211

|

2016年6月21日 (火)

カーボロネロとリボッリータ

1466245797671

ミミさんの五段農園の

お野菜ボックスに入っていたカーボロネロなる野菜。

イタリアのトスカーナ地方の野菜。

縮れた葉は黒味がかった深い緑。

見た目と違って葉は硬い。

トスカーナの冬のスープ料理に入れるのだとか。

で、冬でもないのに作りました。

    自己流リボッリータ。

勝手にベーコンも入れました。

ニンニクみじん切りをオリーブオイルでゆっくり炒め

ベーコン玉ねぎ人参セロリ、細く刻んだカーボロネロ

を入れて炒める。

トマト水煮缶とブイヨン、白ワイン、水も少し入れ

ロリエ、オレガノを入れて、軽い圧力をかけて9~10分。

最後に白インゲン豆缶を入れて

塩コショウで味を調え出来上がり。

カーボロネロは、圧力をかけたにもかかわらず

歯ごたえ十分。

硬くなったパンをつけこんで食べるのだそうだが

そんなパンはないので、

フォカッチャを焼いて一緒に。

イタリアンな夕食となりました。

五段農園はコチラ

1466245774845

|