« 2017年8月 | トップページ

2018年4月

2018年4月29日 (日)

蹴上インクラインの桜Ⅱ

Dscn0145_3
インラインは  
  35年ほど前の秋の日、友人と二人で
  琵琶湖から疎水を歩きたどり着いた場所。
  レールの上で撮った写真。
  あの日は周りに誰もいなかった。
  桜の葉の紅葉がきれいだった
  懐かしい場所。
Dscn0151_3
2018年春のインクラインは
花見のカップル、外国の人
人、人、人であふれている。
みんな楽しそうに花を見て
写真を撮っている。
Dscn0163_3 Dscn0159_4
足元のレール        大木の若葉
 
Dsc_0036
振り返ると 夕日を浴びた桜の向こうに
京の町が見えた。
Dscn0164_4
なだらかなレールの敷石を上りきると
琵琶湖から流れついた疎水の出口に
たどり着いた。
遠い日と今が混在する
京は不思議な街だ
と、思いながらインクラインを後にした。
Dscn0174  

|

桜守りの桜とインクライン

Dscn0137
植物園を後に、北大路バスセンターから
59番のバスで山越へ。
桜守で知られる
佐野藤右衛門邸の桜を訪ねた。
Dscn0132
広沢の池の近くに
  植藤造園がありました。
  Dscn0134
      Dscn0138
      静かな敷地に咲く桜。
 
  午後4時、帰途に。
  Dscn0139
 
 しかし、もう一か所
     インクラインへ行きたい。
 
地下鉄「蹴上」で途中下車。
Dscn0149
西に
傾きかけた
日を浴びて
見事に
満開の桜が
迎えてくれました。
山科へ向かう国道
 
の向こう、
山の中腹にも桜が満開。
 
Dscn0151
 

|

2018年4月25日 (水)

そうだ京都行こう 2018春 醍醐寺から植物園へ

 
Dsc_9981
今年の桜は、4月1日だ!
そう決めて土曜の朝出発。
宿は大津市琵琶湖畔のホテル。
全室オーシャンビューの言葉に即決。
ホテルから駅へはバスが出ていた。
京都新聞の桜開花情報を見て
山科で乗り換え、まず醍醐寺へ。
  Dscn0066
        紅枝垂れ桜は満開ちょい過ぎ
Dsc_9860
         だが、境内は大変な人出。
 
地下鉄1日乗車券600円を利用し北山駅へ。
京都植物園、入場料は、変わらず200円。
 
   紅枝垂れと木蓮が満開の東屋で
   Dscn0078
 
   Dscn0081
 
  京の老舗「辻留」のお弁当を広げた。
Dscn0073
 
  Dscn0090
  静かな小道に咲く山野草
 
  Dscn0083
 せせらぎの鴨
 
Dsc_9956
       満開の桜さくら桜の花園
Dsc_9940 Dsc_9951
 大好きな植物園を後に 
  賀茂川べりの半木の道を歩く。
     空は春色スカイブルー
Dscn0131_3
   春の日の休日を楽しむ人で賑わう河川敷
 
 
 
 
 
 

|

桜の思いで

Dsc_00801
温暖化で桜の開花は年々早くなっている。
今年の桜は、驚くほど早く咲いた。
 
 nさん 彼女が亡くなって1年が過ぎた。
「去る者は日日に疎し」というが、
日がたつにつれ、悲しみは深く
日々、季節を感じるときや
ふとしたきっかけで彼女を思い出す。
春も。
そう、さくら巡りをした日のことを。
瀬戸内を見下ろす紫雲出山の桜
Dsc06613
 
   Dsc06620  
 
   西部浄水場の桜並木
   Dsc09623
 
   粟津のため池
   Dsc09570
 
   首切り峠の枝垂桜
   Dsc09480
 
運転を厭わず、カメラ片手にあちこちと行った日。
 
Dscf9625昨春、
 
引っ越すときに
 
行った
 
彼女のお墓。
 
隣には高速道路が走り、
 
赤いつつじの花とシロバイが咲く山に
県境の看板が見えた。
Dscf9624
 
仕事へ向かう道
満開のコヒガンザクラを見上げながら
 
そんなことを思い出した。
Dscn0050_2
 

|

« 2017年8月 | トップページ