« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

読書

幸田真音さんの「この日のために」
小川糸さんの「つばき文具店」
門井慶喜氏の「家康江戸を建てる」
続けて古内一絵さんの「花舞う里」
 
  奥三河の花祭り、読みすすむうちに
  えっ?これって私たちが行った布川の花祭りでは?
  それも同じ日では?天気まで一緒なんだけど。。。
  そういえば、明らかに都会人の女性が
  カメラを構えていたっけ
  もしや、あの人 作家だった???
  YouTubeを検索したら、
  なんとうちのカメラ小僧が映っている!
 都会人のカメラのお姉さんも!びっくり仰天。
 
試験勉強そっちのけで 読んでいる場合ではないのだが。
今日は、
「陸王」を読み始めたら、やめられず、
やるべきことをそっちのけで、
いっきに読み終わった。
せっかくの休み、天気が良かったのに
なんてこった。。。
 
次は、「殺人犯はそこにいる」が待っている。
最近話題の文庫本をテレビで紹介していた。
題名を探して、思わず図書館で予約した。
小説ではなくノンフィクション。
ちょっと心に残りそうで、躊躇している。
 
映画「普通の人々」
マービン・ハムリッシュのピアノ
深く心に残った映画と音楽。
原作ジュディス・ゲストの「アメリカのありふれた朝」も
深く心に残った。
 
ジョージウィンストンの演奏バージョンはコードはC
 
 

|

2016年9月28日 (水)

その名は「シベリア」

1475057594695_2

近所のスーパーのパンコーナーで見つけたお菓子。

Photo

名前は「シベリア」、なんと、青森県で作られている!

ケンミンショーに出たのかも。

1475057569738

昔、カステラ生地に羊羹を挟んだ菓子があったような。。。

懐かしさから、買って帰ったら、

家人も似たものに見覚えがあるという。

やはり、昔あったんだ。。。

懐かしい食べ物かと聞かれると???だ。

子どもの頃は羊羹が嫌いだったので、

カステラに羊羹を挟んだ菓子が好きだったとは思えず

食べた記憶も美味しかった思い出も無いのに

懐かしいって。。。どうなの?

青森県では、今もメジャーな菓子なのかもしれない。

 先月末に行った静岡県大井川鉄道千頭駅前で

 「チクワパン」を売っていた。

 ご当地パンなのか、その店には、

 チクワパンばかりがいっぱい並んでいた。

 初めてみるパンで、竹輪とツナが中に入っていた。

「シベリア」を家人は、いたく気に入って食べている。

それで、今日2袋も買ってきた。

もともと、小豆や羊羹が好きなのだ。

それにしても、強烈で不思議な名前。

青森のシベリアは美味しかったよ。

1475057585211

|

2016年9月11日 (日)

2016年9月11日

今日、9月11日、日曜日

この夏は、猛暑の上に湿度も高く、

9月に入ってもすっきりしない毎日が続いている。

2001年の夏も暑かった。9月に入っても暑かった。

その日、仕事に行ったが、どうしたことか、朝から

体がだるくてだるくて、

いったいどうしたことかと思うくらい体がしんどかった。

窓から見える田の稲が黄色くなり

暑くても秋はすぐそばまで来ているのを感じた。

箱の中に、ずっと動かないヤママユガを見つけ、

そっと外へ、出してやった。

母が会いに来たような気がした。

母が亡くなったと電話で知らされたのは

その直後だった。

今日は、午後からパソコン要約筆記講座

実技ができず、意気消沈、落ち込んで

夕方6時を過ぎて帰宅。

立ち直れない気分のところへ、

ちょうど、弟から梨が届いた。

梨好きだと勘違いした弟が送ってくれるので

好きじゃないとは言えず、有難く頂戴している。

田浪という地区の梨を食べながら、

故郷と母を思い出した夕べだった。

ちょうど、テレビのCMで

関ジャニ∞の誰かが、「挑戦しないで後悔するより、

  挑戦して後悔したほうが良い」と言ってるのが聞こえた。

その言葉を聞き、やっと、元気が出た。

また、明日からがんばろう。

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »