« 弁当 | トップページ | 屋根 »

2015年12月31日 (木)

大晦 おおつごもり

1451562903560

年末の慌ただしいなか

お節は例年の半分以下 簡単に済ませて

三日間故郷への墓参を兼ねて帰省した。

1451562878072_2
鶏舎の跡地にアパートが建つと聞き

この風景も見おさめかと感慨深く

1451562862898  母の椿や

  種から植えた

  満開の満月ロウバイ

  真っ赤な

 ネズミモチの実や

 白モクレンの

 蕾を記憶に収め

1451562848324
畑の知らないおじさんに苺の苗を貰い

弟にロウバイや椿の枝を切って貰い

故郷を後に

家の片づけや掃除を終えて

むせるようなロウバイノ花の香りとともに

車上の人となり大晦日の夕方に帰りついた。

1451562959089
案外道路が空いていて予定より一時間も早く!

よし!紅白 嵐が見られる!

イノッチと有働アナのあさイチコンビも

唯ひとつ

友の事さえなければ

こころ穏やかな年末なのに。

6歳年上の彼女は、元気が取り柄で

フットワーク軽く、人の噂話はせず、悪口も言わず

近所の道路のゴミは拾い、

情けは人のためならず を実践するような

何かと頼りになる存在だった。

その彼女の様子がおかしいと

知人から連絡があった。

久しぶりに会った友は以前の元気が見られず

随分と老けて見えた。おまけに痩せてみえた。

まだボケるには若すぎる彼女の

記憶のいくつかが欠落していくなんて

信じたくないが。

今、何とかしなくては。

聞く耳を持たない彼女に いったい

どうやって説得すればよいのだろうか。

そんなことを考えながら

帰ったら知らせてくれた知人に連絡して

春には二人で 何とか説得して

病院へ連れて行こうと

故郷から貰って来た母のロウバイの花に

心の中で誓っていた。

心の重いおおつごもりの夜を迎えている。

1451562922200

|

« 弁当 | トップページ | 屋根 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430324/63243590

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦 おおつごもり:

« 弁当 | トップページ | 屋根 »