« 博物館 明治村50周年 | トップページ | LAPHROAIG »

2015年3月23日 (月)

冬の上高地 スノーシューハイク 第2弾

Dsc04564
ひらゆの森のスノーシューハイク 第2弾 

 上高地へ

8時半ひらゆの森を出発し、釜トンネルまで移動。

軽いストレッチの後 いよいよ しゅっぱ~つ♪

案内は、山岳ガイドの原さん。

真っ暗な長く急な坂が延々と続き口数が減る。

釜トンネルが大変だったせいか

トンネルを出て大正池までは急な坂道もなく

途中の景色を楽しみながら

小さな雪崩の跡や木の種類の話など

聞かせて貰いながら歩いたせいか

意外にも近く感じた。
Dsc04509
大正池でスノーシュー装着。

Dsc04522_2後方に焼岳が

そびえ 山頂に

煙が見えた。

時々ドーンと音がし

地震も起きるそうで

活火山を

身近に感じた。

 Dsc04529_2

融けた雪がかたまり氷のようで 雪質は悪く

カモシカゲレンデの新雪のようにはいかないが

冬の上高地を見られると思えば なんのその。

Dsc04544
田代池からみる奥穂高の峰々

Dsc04545
遊歩道の柵をゆうに超え1メートル以上積もった雪の

上から見る景色は 面白く ときおり梢が顔に当たる。

巨人になった気分だ。

普段は入ることが出来ない林を歩き川原に出た。

Dsc_4612ニホンザルの

群れが

上手に枝を伝って

川を渡り

林の中へ。

人を見ても 気にもとめず お食事中。

    Dsc04559 

Dsc_4595

大きなサルノコシカケや藻のような地衣類

Dsc04539
巨大な木々の林を歩き

日本で2番目に小さな鳥と紹介の

キクイタダキの声を聞き

用意されたおむすびのお弁当タイムの後

Dsc04564_2
11時55分 やっと 河童橋 とうちゃく!

Dsc04568_4お天気に

恵まれた

最高の

冬の上高地

やっと

来られました。  

   感 激 ☆

川下の焼岳の方を振り返る。

Dsc_4644
土砂を取り除くユンボだろうか黄色い車体が見えた。

Dsc_4650河童橋からの

眺めは

いつ見ても

良いなあ。。。

川岸の

ケショウヤナギの

紅い新芽が 春の気配を感じさせる。

Dsc_4653_3
大荷物をしょった半袖Tシャツの若い子達が 

 『写真を撮ってください!』 河童橋にはじける笑顔(^O^)

山の方へと 歩き去る後ろ姿を眺めながら 感心しきり。

 何処まで行くのだろう。。。

     雪山登山の無事を祈った。

 人の無事を祈るよりも 自分の足の心配をしろ…

と、返されそうだ 心で笑う。

さて、帰り道 ついて歩くだけで必死な感じ。

車道の小さな小さな峠で

 『これで見おさめですよ。』の声に

振り返る。

上高地にさよならを告げ

真っ暗な 釜トンネルを下り

14時半トンネル出口へ とうちゃこ!ヘトヘト。。。

6時間の 別世界 探検の旅。

帰りは やはり ひらゆの森温泉にどっぷり・

温泉につかる猿になった気分でした。

Dsc_4637

|

« 博物館 明治村50周年 | トップページ | LAPHROAIG »

旅行・地域」カテゴリの記事